城南町K様邸

  • 玄関は広々として開放感があり、ホール奥は中庭が眺められるよう透明ガラスになっています。玄関脇にはお客様ようのベンチが置かれています。
  • 茶の間は畳コーナーが有、冬にはコタツを置き 夏にはごろんと昼寝ができる居心地のいい場所です。天井には化粧板が貼ってあり腰板はモミの木でできています。
  • 応接間と茶の間は引き戸で仕切られますが普段は解放され広々とした空間が味わえます。窓のブラインドは木製のブラインドが取り付けられていますので明かりの調整ができ柔らかい日差しがお部屋を照らします。
  • トイレの中は1.5帖もあり将来車いすで入れるよう工夫されています。

自然素材を使った風通しの良い平屋造りの家